インド製のタダシップ勃起薬ってどうなの?腹上死なんて嫌だんですけど?!

タダシップ勃起薬

勃起薬ジェネリックというとインド産の製品が知られています。
勃起薬といえばバイアグラ、シアリスなどが知られていますが、日本で認可を得られている最先端の勃起薬も既に古い技術で医薬特許の保護期間も満了しています。
つまり、誰でも同じ成分(効果、効能)を使用して勃起薬を作っても違法にはならなくなっています。

ですが、インド産の勃起薬は安全なのでしょうか?
飲んだとたん勃起が止まらずペニスが破裂したりして腹上死になったりしないかが心配です。

なぜ、タダシップのような勃起薬ジェネリックはインド産ばかり?

タダシップのような勃起薬ジェネリック

まずは、安全性の根拠の前に、まずタダシップのような勃起薬としてインド産が多いのは理由があります。このインドは「ジェネリック大国」と比喩され呼ばれる事があるのは、インドは途上国なのに産業としてジェネリック分野が成長しています。

これは歴史的にも良くも悪くも国策として途上国が莫大なコストを支払って作った製薬特許を無視して薬の製造し世界中に販売していたことから、急成長した分野です。

もともと、医薬品のコピー自体は特に進んだ技術も必要ではなかったので、コピーで設けた利益で企業規模を拡大したメーカーがたくさんあります。

それが現在では規模が拡大し、世界マーケットとのビジネスをするためにも先進国の要求する品質基準などを満たしながら成長をしているのがインドの医薬メーカーです。

アジャ・タダシップ
アジャ・タダシップ

特許保護された「高額な」先端医療薬は貧しい途上国で買えない問題は、国策でコピーを許しかなかった。


このようなインド産の勃起薬は皆さんどう思いますか?

実際、インド産のタダシップはどうなの?

実際、インド産のタダシップはどうなの?

少なくともインド産でも勃起薬のタダシップは大手製薬メーカー製でもあり、医薬品としての規制やルールを守られ問題や事故が起きたニュースは聞いたことがありません。
国内のEDクリニックや先発メーカーはインドジェネリックは大変脅威であるので一生懸命ネガティブ広告を出しているようです。これらは間違った情報で、いかにも今も発生も継続しているような形の記事を出したりしています。確かに過去には模造品や偽造品などが少なくない数が市場に紛れ込んでいたようですが、今では驚くほど改善をしております。

タダシップを作るアジャンタファーマ社は大手製薬メーカー

タダシップを製造する製薬メーカーのアジャンタファーマ社はインドのムンバイに本社があります。
このムンバイは発展しており、テレビなどでガンジス川周辺の街並みを見たことがある人は大きな差異を感じるかもしれません。

インドのムンバイ

このように規模としては日本の医薬メーカーに引けを取らなく、タダシップを製造しているアジャンタファーマ社は株式上場もしており、ビジネスとして海外展開もしているので偽造品や模造品など低品質製品を製造するような信頼を失うような不誠実な製造を行う訳はありません。

アジャ・タダシップ
アジャ・タダシップ

GDP水準になりますが、過去の中国と同様にすぐに日本を追い抜くのは目に見えています。
アジャンタファーマ社情報はこちら

少なくとも近年においては問題は起きていません。確かにタダシップのような勃起薬で言えば、成分特許の保護期間が有効だった過去では偽物や模造品なも多く、インドの医薬メーカーもまだ技術的に劣っていたのも否めないところがありました。

タダシップでペニスが爆発したりしないの?

ペニスが爆発したりしないの?

勃起薬の服用でペニスへの血流が促進されるのは、タダシップの成分であるタダラフィルが勃起を終了させる酵素の活動を抑制してくるからです。

そのため、お薬との相性がよければペニスがよりカチカチに硬くなる事がある事から、勃起が止まらなくなってしまうなどを心配されるかもしれません。
このインド産のタダシップは国内勃起薬と同様に、興奮剤や催淫剤などとは異なる効果です。
あくまでも勃起を補助するだけで、服用後に性的な刺激を受けなければ実際に勃起をする事はありません。
しかしながら、この効果は全身に及びますので性的な興奮がなくても目が充血したり、貧血などの副作用が起き事もあります。

作用については個人差程度ではありますが、元々、虚弱体質だったり、脳や血管に病気や後遺症などをお持ちの方はタダシップ等の勃起薬は慎重にご利用ください。

怖いのは海外製のサプリや健康食品

現状、タダシップのようなインド産の勃起薬も海外向けに製造販売されています。
インドは上記での述べたようにジェネリックメーカーが成長できる基盤がありました。
「信頼ができる品質」と「低いコスト」と高いコスパのジェネリック医薬品が提供できるインドの評価は上がってきています。
しかしながら、近年においては相対的にも国や韓国製のサプリメントや健康食品が危険視され税関で検挙は相変わらずです。例えば、本来、勃起薬の成分としてタダシップでも使われている成分タダラフィルは医薬成分ですので、サプリメントや健康食品に含める事は日本国内では少なくとも違法です。

ですが、海外では安価な成分のタダラフィルを健康食品の精力剤に混ぜ込むことで確実に効果がある健康食品が出来上がります。

アジャ・タダシップ
アジャ・タダシップ

医薬成分を混ぜれば効果が得られるのは当然ですので、医薬品を飲みたくないユーザには高額商品として販売されるようです。

その他、例えば中国、韓国では「人肉カプセル」として胎児の死骸を滋養強壮して健康食品として流通されるなど、加熱にも耐性があるバクテリアがいたりと問題となったりしています。サプリメントだと思って大量に服用していたら体調不良だけならば良いのですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました