タダシップのような海外製ED薬が多い理由

知っている人は知っているタダシップのようなインド製のジェネリックが世界需要が高い事を。
知らない人の懸念点というと、「インド製だから危険」「ジェネリックだから粗悪品」など、国内の競合メーカーやクリニックからすれば、ネガティブな情報を発信したいはずです。

そんな見方をすれば何が本当に正しいのかは、ちょっと頭をが働かせれば分かるはずですね。

ジェネリックは単なる後発メーカー製

まずは、ジェネリックについは先発薬とは違いがありません。
タダシップの主成分はタダラフィルでシアリスと同じですので、勃起を正常な状態に調整してくれる効能としては「まったく」同じものです。

確かに製造過程で添加される材料は異なるかもしれません。
錠剤の色を青にするか黄色にするかでも着色料が異なるので100%先発薬と同じという事ではありません。

100%違うのですがジェネリックの方が優れている場合あります。
後から発売されたり製造方法も国から許可を得るために全てを申請するのですから、より優れた方法で申請をして許可が得られるのです。

ですが、先発薬は異なります。一度、申請した製造方法と異なる方法の方が良くても、簡単には変更が出来ない事からも想像がつくのではなでしょうか。

そうです、つまり重要なのは信頼できるメーカーであるかです。

タダシップは日本にも支社をもつ大手製薬会社「シプラ社」製です。

医薬品でも個人輸入が安全に出来る国が日本

タダシップのよう海外医療薬は大手製薬メーカー(シプラ社)製ではありますが日本では基本的に自由に輸入が出来ます。
世界中でも医薬品の輸入量が伸びている日本という国は珍しく個人輸入が許可されている国です。
日本の近場の韓国も中国などでは個人で医薬品を輸入する事は禁止されています。

もちろん、日本でも輸入などが禁止されている製品もありますが、基本的に個人の使用が前提であるならば問題がありません。

個人輸入において、直接海外の医療メーカーと取引をすることは出来ないのが普通で、海外の問屋やドラッグストアーを経由する事になるでしょう。

海外メーカーは日本より規模が大きく、大手の製薬会社もたくさんあるので、実際は言葉の壁がありますが安全に取引ができます。

そして、インドの非常に安価なジェネリックが注目され、インドの製薬会社も企業的にも急速に成長しており、社会からは安全性、経済からは利潤性などが求められ、結果として安心して購入できる品質が低価格で入手が出来るようになっています。

日本では医療費の軽減、健康保険財源の負担軽減を図って厚生労働省が積極的に推進しているジェネリック薬で、ジェネリックでなくても薬の原薬は海外から輸入しているなど、実際のところは先発薬と後発薬の違いはメーカー(ブランド)の違いでしかないの事もあります。

また、近年ではインターネットが便利になり薬の個人輸入の人口も増えています。特にEDやAGAなど保険適用できない分野のお薬では個人輸入が急速に伸びています。

その中でもジェネリックが特に急成長をしています。

医薬品の個人輸入ランキング1位のインド

日本では個人輸入でインド産のジェネリックが多く輸入されています。個人輸入をランキングにすれば1位はインドである事は間違いはないでしょう。
もちろん、日本の製品は高品質で安全なブランド化されており、個人の医療費負担は先進国の中でも高水準となり、薬の入手価格も薬価の30%ですので、わざわざ海外から輸入するメリットはありません。

しかしながら、一部、医療では保険が使用できない事もあり、そのような分野では積極的にインドのジェネリックが使用されています。
つまり、安価なのです。

ですが、欧米各国や日本国内では存在しないジェネリック薬をインド国内の製薬会社が製造できるのか、なぜ、インド製のジェネリック薬が多い理由のでしょうか?
この最大の理由としては、「特許制度の違い」があります。
そもそも特許制度というのは国の法律の一部で、それぞれの国家が主権に基づいて独自に制定する制度です。ですから、国により特許制度が異なるのが当然であります。
欧米各国や日本は医薬品については製造方法と含有成分を特許として認めており、特許出願から最大25年間特許を有効としています。
製薬業が他の産業と比べて特許で手厚く保護されているのには理由があります。
新薬の承認には動物実験や人体に対する安全性、新薬を服用する事によりはっきりと効果が現れるかどうかを調べる長期間の臨床試験が必要なため、新薬開発には多額の開発費用が必要です。
開発費用を回収するためには長期間独占的に新薬を販売できる状況が必要であり、特許で保護する事によって製薬会社が開発費用を回収できるようにしています。
そうしなければ製薬会社の新薬開発意欲が鈍り、新たな新薬が開発されない事態になってしまうからです。

インドは「ジェネリック大国」と呼ばれ、ジェネリック医薬品の製造が世界一です。
インドは世界のジェネリック医薬品の大半を供給し、2005年までの35年間「医薬品は健康に関わる物」という事で特許の対象ではありませんでした。
経済途上のインド国民が特許に守られた高額な医薬品に手がでなければ助かるはずの命が助からないという事もありえます。

政府としても国民の命が大切として海外の医薬品の特許を無視して製造、販売をしていました。
インドは人口が多く、新薬を安価で必要としている人が非常に多いという背景があるため、インド政府は独自の特許制度を運用し、インド国内の製薬会社が開発費用をかけずに新薬のジェネリック薬を製造販売できるようにしています。
このように、インドは含有成分を特許として認めていないため、インド国内の製薬会社は欧米の製薬会社が開発した新薬をジェネリック薬として製造販売できるのです。
これは欧米各国や日本の特許法では違法ですから、インド国内のみの販売となりますが、個人輸入としてはグレーゾーンな状態でありました。

そのためインド製のジェネリック薬が多いのです。

インドのジェネリック薬は安全

薬が開発されると一定期間、特許で守られるというのは、ひとつの薬を世に出すためには数年という長い歳月を必要とします。
これは、歳月だけでなく莫大な経費の元に安全な医薬品の原薬の選別、臨床試験を通じて、人が利用できるようになります。

つまり、成分自体は歳月と費用をかけた上で効果があるだけでなく、人が使用しても安全だと言う事が確認した成分なのです。

基本的な薬は成分を錠剤に固めたモノであり、それ以上でもありません。

つまりジェネリック品は同じ成分の錠剤なのですから、効果も安全性も同じなのですから、インド人が作ったからと言って違いはありません。

インド製でも、やはり街工場レベルの小規模は現地のインド人向けや、動物向けのメーカーならば、品質に問題があり、お腹を壊したり、効果が無かったり。

中には発がん性物質が含まれた製品があるかもしれません。

ですので、インドのジェネリック薬品が安全というのは、一定の規模で株式上場しているメーカーなどが限定として考えた方が良いでしょう。

大手メーカーといえば先進国との取引をしていますので工場の品質も一定のレベルを要求されますので安心できるはずです。

タイトルとURLをコピーしました