タダシップ通販での偽物の見分け方

タダシップは偽物や低品質でないシアリス正規ジェネリックを海外通販で入手したい。
ED治療薬というと既に古い情報ではありますが、先発薬メーカーの調査で偽物が少なくない調査が報告されています。

タダシップは大手製薬会社製の信頼できるED治療製品ですので、正規のルートで購入できれば安全でご使用が出来て、満足いく効果を得る事ができるはずです。

▲タダシップの偽物の状況

ネット入手のED治療薬の偽物の割合

まずは近年の海外ジェネリックの情報をしっかりとアップデートしてください。

大手製薬会社から国内に入ってくる偽物に関する調査が行われました。
状況としては多くの輸入製品の約4割が偽物であったと報告をされていました。
ここでの注意点としては、この報告は正規のジェネリック品が出回る前の情報という点です。

*参考資料:ファイザー製薬(バイアグラ-2016年資料)

ネットでも多く見かけるタダシップですが、シアリスの正規のジェネリックですので高い人気です。
ですが、入手には海外通販での購入が必須ですが、怪しい業者から偽物や効果がない低品質の製品でないか心配かもしれません。

タダシップに限らず国内でED治療薬の入手の場合は、泌尿器科やED専門クリニックだと手軽に処方してくれます。
しかしならが、先発薬は保険適用外という事で1錠2,000円前後+医療費となります。
これを高いと思うかはEDに悩まれている程度によるのではないでしょうか。
国内ではED治療は保険適用外ですので高額医療の1つとなっています。

このような背景があるので、タダシップなどの正規ジェネリックが一般に流通する前は、ブランド力がある先発薬品は高く販売できるので、儲けられるために、多くの偽物が出回っていたようです。

タダシップの偽物の見分け方?

本物のタダッシップはこちら

タダシップの偽造品は残念ながら真似される程、ブランド力もなく低価格帯のジェネリックなので製品としても偽造品はないでしょう。
ですが、それでもパッケージ無しの袋詰めのパルク品などには注意が必要です。
偽造品とは不正品、コピー品を指し、メーカーの承認なし商標登録のあるブランドロゴ、パッケージなどを真似て作られた商品です。
外観を似せるにはそれなりの技術とコストがかかるので、

タダシップのパルク品は注意

錠剤製造は「型で圧縮」するだけなので、偽物の判別はパッケージやPTP包装の方を良く確認してみてください。

海外では知的財産権などの考えが根付いてないので、容易に偽物が作られる土壌があります。
パッケージまでもコピーしようとするには、それなりに印刷やパッケージングのための機械や技術が必要になるので、手軽に偽造ができるパルク品は避けた方が良いでしょう。

きちんとパッケージされたタダシップの偽造品は上記と製品とパッケージカラーやPTP容器シートも異なってきますので、明らかに異なるパッケージが届いた場合は注意が必要です。

タダシップの偽物を避ける簡単な方法

タダシップ偽物を見極める簡単な方法

タダシップの偽物を避けるために注意したい事は極めて簡単です。
正規ジェネリック品の低価格タダシップの偽物を作るには、さらに安価に販売されなければ意味がありません。
偽物や模造品は本物のタダシップより安価でなければ流通できませんね。
ですので、注意する点としては、

1.パルク品は避ける(箱だけでなくPTP包装)

2.PTP包装の印刷(日付等の情報を確認)

*記載されている「EXP(消費期限、賞味期限)」も良く確認。
 もし模造品だと製品ごとに印刷されないので、古い日付情報のままで有る事があります。

偽物は古い日付のまま印刷されているので注意点!

タダシップは大手製薬会社の正規ジェネリック

タダシップは大手製薬会社のシプラ社製ですので安心できるジェネリックメーカー(シプラ社)です。
株式も上場しているのメーカなので、先発薬と同じ成分の品質も確保されています。

タダシップの製造元のシプラ社

消費者には優しい低価格のジェネリックはインドは無くてはならない存在ではありますが、実際のところ海外では世界基準に満たない医薬品工場があるのも事実です。
小規模なところでは動物用の薬を製造する傍ら、人用にも模造して販売している事もあり安全面や衛生面に信頼できないモノもあります。
世界基準で先進国と取引をしていないメーカーですと問題のある製品の可能性もあります。

タイトルとURLをコピーしました